捨てないで~コレクション整理~

結構な数になったミニカーを嫁に、「整理しないと捨てるよ~」 と言われ、自分で何があるか把握する為にブログにUPして 整理していきます。

 
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年12月31日

W.M.C.C.忘年会

夏以降、忙しさに理由をつけて、ブログの更新が疎かになっていましたが、

今年最後は更新せねば!と、一昨日参加してまいりました「W.M.C.C.忘年会」での賞品をUPします。

モナコ1

【Model_Car】さん製作の1/64ジオラマ・・・

これはモナコのトンネルです!モナコ3

早速、京商フェラーリF1コレクションの312T2を並べてみました。


お次は、「モンテカルロ」?を彷彿させる、雪のワインディングロード。

S4-1.jpg

CM'SのデルタS4でそれらしい雰囲気になったでしょうか・・・?

S4-2.jpg


最後は秋の収穫も済んだ、田園風景です。

田園1

トミカリミテッドのオート三輪で、ほのぼの感を演出!

田園2

バス停にはトトロもを待ってます

Model_Carさん、貴重な作品をありがとうございました!

今度は自分でも製作にチャレンジしてみよう!

忘年会は午後の3時から、なんと深夜12時まで・・・!

25名もの参加者で大盛況でした。

ご参加の皆様楽しい時間をどうもありがとうございましたm(__)m


今年このブログを御覧になっていただいた皆様、ほんとうにありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

それではよいお年をお迎え下さい


ご訪問ありがとうございます。<(_ _)> ↓1クリック押していただけると励みになります!


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

KYOSHO 1/43
SKYLINE GT-R AUTECH VERSION 40th ANNIVERSARY


40th1.jpg


スカイライン生誕40周年を記念して、PGC10型以来約17年振りに復活した
4ドアのGT-R・・・BCNR33GT-R オーテックバージョン40th Anniversary
1997年10月の東京モーターショーで御披露目され、翌1998年1月に発売された。


40th2.jpg


限定車ですが「××台」といった生産台数限定ではなく、実質的な受注生産だったようです。
400台限定との説もありますが、総生産台数は447台、約2ヶ月間の生産だったと聞きます。
今はなき村山工場で組み立てられ、これまた今はない座間工場へ運び込まれ、
最終作業を終えた後出荷されました。

カラーは3色、このシルバーとホワイト、そして33GT-Rのイメージカラーである
ミッドナイトパープル!

40th3.jpg


このクルマ、斜め後ろからの眺めがカッコイイ!
普通の4ドア33よりリアフェンダーのボリュームが増して、
実に良いバランスになっていると思います。
これは2ドア33でも同様でしょうか・・・。

実は私、この車がパトカーに大量採用されるのではないかと思ったりしたのですが、
それは無かったようです・・・。
GT-Rの性能と4ドアの使い勝手で、パトカーには最適なのでは?
と思うのですがね~
でも神奈川県警が白黒2台、埼玉県警が覆面2台を導入!
447台の内、4台がパトカーというのも結構率高いか・・・?


40th4.jpg


それにしても、オーテックジャパンって毎度毎度「グサッ!」とくる魅力的なクルマを
出してくれますね~!
R31、R32、R33のオーテックバージョン、ステージア260RS・・・。
ああ、みんなまとめてガレージに収めたい!!!(ミニカーで可





ご訪問ありがとうございます。<(_ _)> ↓1クリック押していただけると励みになります!



ミニカー

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村


ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2009年08月19日

Gialla・・・(黄色)

KYOSHO 1/18 Lancia Delta HF integrale Gialla

ジアッラ1


1994年、ランチア・デルタ HF インテグラーレ 16V エボルツィオーネII (長い・・・!)に
限定車として設定された「Gialla (ジアッラ~黄色~)」です。

京商の1/18デルタでは一番早くリリースされたカラー。
2002年だったでしょうか?予約を入れて入手しました!

当時、デルタはモデルに恵まれず、在るといえばビテスの1/43・・・くらいでしたでしょうか?
とにかく、「決定版!」みたいなものが、いきなり登場した感覚でしたね!


ジアッラ2

京商に限らず模型業界って、ランチア好きの方が多いのでしょうか?
最近ではHPI、プラモデルではハセガワ、かつてのモデラーズもランチアのモデルを
多くリリースしてますね!
でもみんなラリー絡みで、普通のサルーンは皆無なんですが・・・
仕方ないですな~


ジアッラ3


このデルタ、プロポーションも良いですが、内装の表現が圧巻です。
ドアが4枚とも開閉するおかげで、アルカンターラを表現したシートがよーく見れます
ラゲッジルームのトノカバーの下にはテンパータイヤのスペアタイヤが置かれます。
このタイヤ、取り外し出来るので楽しい!


ジアッラ5


ところでこのジアッラ、先日とあるクルマ屋さんに、なんと3台も置いてあるではないですか~!
しかもどれもコンディション抜群で!
何だか15年前のオー○ザムのショールームにタイムスリップしたみたいでした。


ジアッラ4


忘れてました・・・お約束の「ギッチギッチ」のエンジンルームも抜かりなく再現!です
同じく「ギッチギッチ」のThema 8.32も出して欲しいですっ!kyosho様っ!





ご訪問ありがとうございます。<(_ _)> ↓1クリック押していただけると励みになります!

ミニカー

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村


ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



PRINCE & SKYLINE MUSEUM

シルエット

8月2日の日曜日、朝から激しい雨の降る中、長野県は岡谷市にある
「PRINCE & SKYLINE MUSEUM」へ行ってきました
ご一緒していただいたのはkuzuyaさんです!

二人のお目当ては↑コレ、「R30スカイラインスーパーシルエット」!
8月23日までの期間限定展示とのことで慌てて訪問です

奇しくもこの日は「スカイラインGT-R(R32)20周年イベント」とのことで、
駐車場にはスカイラインがいっぱい!というよりスカイラインだらけ・・・。

R32.jpg

さすが、「プリンスの聖地」!ということで、我々の本日のお供はY31グロリアです!

Y31R32.jpg

駐車場には、こんなクルマも!

GTS-R260.jpg

R31・GTS-R & R32・オーテックバージョン
この2台、今でも一番好きなスカイライン・・・。

パーキングエリアだけでも十分スカイラインを満喫しましたが、
長い階段を登って、丘の上にある館内へGo!

館内

GrA・JGTCマシン達がお出迎えです

マイラー&ホーマー

変態?の我々が、まず向かったのは、この2台。
プリンス・マイラーとホーマー
1500ccクラスのピックアップトラックとキャブオーバートラックです
このような働くクルマにも着目し、キレイに保存してある姿勢に感動
しかし・・・このトラック達の話題が後ほど偶然の出会いを呼ぶことになるとは・・・

JAPAN

C210・「ジャパン」

R30 RS-C

R30・「鉄仮面」

この頃のスカイラインは、子供心にも憧れましたが、今見てもとてもカッコ良いですね~。

さて館内を一通り見て回り、売店でミニカーを見ていると・・・
先程見たトラックらしきミニカーがあるではないですか!

「あれ、下にあったトラックじゃない?」
「なんだっけ?ミー・・・???」

我々の前でショーケースを眺めていた初老の紳士が、

「マイラー!」

といって教えて下さいました。
「あっ、そうだった!」と言ってその方の顔を見たら、ハテどこかで見かけたような・・・

もしかして「伊藤さんですか???」
そう、R31・R32の開発主管を務められた、伊藤修令氏だったのです!

その後、伊藤氏は色々な話をして下さいました・・・。
氏がプリンス自動車に入社したのは50年前。
「当時はとても先進的な会社で、様々な「初」となる技術を生み出した。」

例えば、光の反射を抑えたメーターパネル、交流発電機、トランクオープナー、
ワンタッチ・パワーウインドウ・・・等など。

そんな話をしていたら、一人の青年が声を掛けてきました。
青年は愛車であるR32の写真パネルに、伊藤氏のサインをお願いしたいとのこと!

photo.jpg

クルマも写真もとても綺麗でした。サインいただけてよかったですね!

その後も次から次へとサインをお願いするファンの方がいました。
プライベートでトークショーを聴いてしまった我々・・・
熱心なファンの方々に対して恐縮です

そんな出来事もあり、十分満喫した我々は、岡谷の街でうなぎをこれまた満喫し、
(岡谷はうなぎの町)帰路につきました。

j002.jpg


今回紹介するのは

J-CLARK ORIGINAL
1/43 コールドキャストモデル
’82 スカイラインRSターボ・シルエット

10年ほど前に入手したものですが、最新モデルにはない味があって結構気に行ってます




ご訪問ありがとうございます。<(_ _)> ↓1クリック押していただけると励みになります!



ミニカー

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村


ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


TAMIYA 1/12 
Telefonica MoviStar SUZUKI RGV-γ500 ”00


γ1

2回連続でのバイクネタです・・・。

「テレフォニカ・モビスタ」カラーのスズキRGV-γ500・(2000)。
ケニー・ロバーツJrによって2000年のチャンピオンに輝いたマシンです!
この時Jrのゼッケンは#2でしたが・・・、ゼッケン#34と言えば、
そう、ケビン・シュワンツの付けていたナンバーです。
2000年といえばシュワンツは既に引退、#34は永久欠番です。何故?


γ2


実はコレ、2000年の最終戦・オーストラリアGP後に行われたテスト・プレス試乗会で、
シュワンツがデモ走行した時のマシンを再現したものです。


γ4


といっても、Jrのマシンの前後カウルに#34を貼り直しただけのものです。
わざわざデモ走行だけにゼッケンを用意したスズキのスタッフに脱帽!
スズキのシュワンツに対しての敬意、そしてスズキにとって彼の存在がどれだけ大きいか?
ということの表れではないでしょうか・・・。


γ7


フロントスクリーンには本来「Kenny・#2」のロゴが貼られていますが、
今回あえて貼っておりません。


γ6


このモデル、実は嫁がシュワンツの大ファンなもので、プレゼントするために製作したのですが、
バイクのモデルは久し振りだったので以外に苦労しました。
でもさすがにタミヤの最新?(でもないか)モデル、とても作りやすく良く出来ています!
バイク模型は本物を組み上げていくイメージで楽しさもひとしおですね。
さて次は何に挑戦しようか~!





ご訪問ありがとうございます。<(_ _)> ↓1クリック押していただけると励みになります!



ミニカー

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村


ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新記事
プロフィール

クッキー0832

Author:クッキー0832
W.M.C.C 会員です!

W・M・C・C


W.M.C.C ホームページ
W.M.C.C ホームページ

W・M・C・C公式ホームページです

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

最新トラックバック

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム

QRコード

QRコード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。