捨てないで~コレクション整理~

結構な数になったミニカーを嫁に、「整理しないと捨てるよ~」 と言われ、自分で何があるか把握する為にブログにUPして 整理していきます。

 
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年07月02日

WRC熱・再来?・・・

タミヤ 1/24 三菱ランサーエボリューションV WRC
        &  トヨタ カローラ WRC


EVO1.jpg


今週、あるニュースが飛び込んできた。フェラーリのF1ドライバーであるキミ・ライコネンが、
WRC「ラリー・フィンランド」に出場するというのである!
これにはチョット興味が湧いた。
ここ数年はシトロエン、というかセバスチャン・ロウブの独壇場で興味が薄れていく中、
今年に入って、日本メーカーの総撤退・ラリージャパンの休止とマイナスイメージのニュースしか
無かったからなのか、ライコネンWRC参戦にはとても期待する!

そんなこんなで、ラリーカーのコレクションを整理してみると、1987年以降のGr.A・WRカーが
以外と少ない・・・。
ということで、ここではタミヤの1/24/・お気に入りのEVO ⅤとカローラWRCを紹介します。


カローラ1


EVO Ⅴは1998年トミ・マキネンにより、ドライバー/マニファクチャラーのWタイトルを獲得!
この頃は思えば三菱の絶頂期でもありました・・・。
他のメーカーは前年の1997年から導入されたWRカーへ移行したので、このランサーEVO Ⅴが
Gr.A最後のチャンピオンマシンになりました・・・。


EVO2.jpg


対するカローラWRC、デビューは97年のフィンランド、初めて「ミスファイアリングシステム」を導入、
98年はカルロス・サインツがチャンピオン争いを演じる。
翌1999年、マニファクチャラータイトルを獲得するも、この年をもってトヨタはワークス撤退を決定、
現在ではトヨタ最後のラリーマシンとなってしまった・・・。


カローラ2


ところで私はラリーが大好きなのだが、何故自分のコレクションにラリーカーが少ないか?

①ラリー車はバリエーションが多く(イベント毎に仕様が異なる)、希望に沿わない場合があった。
 (単なるわがまま?)

②Gr.Aが一番盛り上がっていた頃、良いモデルに恵まれなかった
 (でも、当時のVITESSのモデルなんかを今見ると、とてもいい味出してますね!)

③ラリーカーは作るほうが面白い!
 (それが証拠に、1/24プラモはこの他にも、GCインプレッサ、ギャランVR-4等結構製作!)

といくつか理由を探ってみましたがどうでも良いはなしですね。(^_^;)


EVO3.jpg

今年のラリー・フィンランドは今月末。
ライコネン、魅せて欲しいものです!

それまでにラリー車の「少ない」コレクションを整理しておくことにしましょう・・・!






ご訪問ありがとうございます。<(_ _)> ↓1クリック押していただけると励みになります!



ミニカー

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村


ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

ALFA ROMEO 155V6 TI
& ProMarkt-Zakspeed AMG MERCEDES C-CLASS DTM

155V6TI-1.jpg

番外編で、プラモデルの完成品をUPします。

1993年、当時のDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)にデビューすると同時に、

その年のチャンピオンとなったアルファロメオ155V6TIと、

AMG-1.jpg

翌1994年、このアルファを倒すべく190E2.5-16エボリューションIIに代えメルセデスが投入した

AMG MERCEDES C-CLASS DTMです。

155V6TI-2.jpg

どちらもタミヤの1/24で、もうかれこれ14~15年前に製作したモデルです。

3年前に引越しをした際、1/24の完成品を10台ばかり義弟に預かってもらっておりました。

昨年戻ってきていたのですが、そのまましまってあったのを最近になって飾ることにしました。

アンテナ・エンブレム等が外れて有りませんのは、その為です。

義弟は以前からプラモデルを製作していたみたいなのですが、私の影響を受けたのか判りませんが

5年程前から大層凝る様になり、私の作品を持って帰って研究したのか?

今ではすっかり腕を上げたみたいです。

私はといえば、最近は作るペースもめっきり落ち込んでいる次第・・・

AMG-2.jpg

この頃のDTMは、カーグラフィックTVのダイジェストやビデオでしか見ることが出来ませんでしたが、

それはそれは衝撃的でした。

現在のスーパーGTと相通じるようなモンスターマシン、そして激しいバトル・・・

そんなレースを今から15年以上も前から開催していた欧州のモータースポーツはやはり凄いです!

155V6TI-3.jpg

DTMは1996年よりITC(国際ツーリングカー選手権)と名を変え、この年限りで消滅しました。

その最終レースとなったのが、日本ラウンドの鈴鹿です。

この日本ラウンド、実は夏にTIサーキット英田(現岡山国際サーキット)で開催される予定でしたが、

日本での知名度の低さからかチケットが売れず、直前になってキャンセルとなってしまったのです。

その救済というか、代替で秋に鈴鹿で開催と相成った訳であります。

AMG-3.jpg

この時は、私も第2コーナーのスタンドに陣取って観戦しました!

目の前でベンツがフェンスに激突し横転した光景は、今でも目に焼き付いております・・・!

155V6TI-4.jpg


ご訪問ありがとうございます。<(_ _)> ↓1クリック押していただけると励みになります!


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村



最新記事
プロフィール

クッキー0832

Author:クッキー0832
W.M.C.C 会員です!

W・M・C・C


W.M.C.C ホームページ
W.M.C.C ホームページ

W・M・C・C公式ホームページです

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

最新トラックバック

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム

QRコード

QRコード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。