捨てないで~コレクション整理~

結構な数になったミニカーを嫁に、「整理しないと捨てるよ~」 と言われ、自分で何があるか把握する為にブログにUPして 整理していきます。

 
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年05月27日

GALLERY ABARTH COLLECTION

ギャラリーアバルト美術館 訪問
Trofeu 1/43 Fiat 131 Abarth
NOREV 1/43 LANCIA THESIS

山中湖に在る、「ギャラリーアバルト美術館」が再開!との情報を得て、

イタリア車大好きの私は早速訪問してまいりました(^◇^)。

看板

ここには10年ほど前に、クルマのクラブミーティングで、何度か訪れたことがありますが、

2004年の夏を最後に休館しておりました。

ここは個人所有の博物館で、その名のとおり、「アバルト」を中心とした

イタリア車70台ほどのコレクションから、20数台を展示しています。

その素晴らしい内容から、閉館してしまうのは余りに惜しく、先日、再開の報を耳にした時は、

とても嬉しい思いがしました!

入り口

館内は相変わらず写真撮影禁止でしたので、写真は屋外に停めてあるこの2台だけです・・・。

0523-1

Ferrai 412

エンツオ・フェラーリも晩年に愛用していたという「412」です。

昔はそれほど好きではなかったのですが、なんか年々好きになってきます(・_・)。

このクルマが理解できる齢?になってきたってことかな???。

0523-2

LANCIA THESIS

412と共に、ここのオーナー氏のプライベートカーとのことです。うらやましい~。

さて、館内の写真が無いので、アバルトのミニカーでも載せようか!と思い、

手持ちのコレクションを探したのですが、以外や以外、アバルトの名を持つクルマは

この1台のみでした・・・(^_^;)

131A1.jpg

Trofeu 1/43 Fiat 131 Abarth

前年までWRC3連覇を成し遂げた、ランチア・ストラトスの後を受け、1977・1978・1980に

チャンピオンに輝いたGr4マシンです。

131A2.jpg

このモデルは、1978年のポルトガルで、M・アレンのドライブにより優勝を飾ったワークス・マシン!

131A3.jpg

「アリタリアカラー」といえばストラトスを連想しますが、この131にもとても似合っています!(^^)!。


そして館外にもあった、ランチア・テージスです。

thesis1.jpg

NOREV 1/43 LANCIA THESIS

元テーマ乗りとしては、純粋に最も乗ってみたいクルマがこのテージスです。

しかし、様々な要件がこの欲求を阻みます!

経済的要件、輸入台数が少ないことによる入手性、と同時にメンテナンスの問題、

そして一番の悩みが、「似合うだろうか?」ということです・・・(>_<)。

thesis2.jpg

この強烈な個性に、乗り手が負けてしまうのではないか?

もう少し、齢を重ねて似合う年齢になれば・・・(齢をとっても似合わないかも知れない(T_T) )。

なんて考えますが、嫁に

「好きなクルマは若い(パワーがある)うちに乗っておいたほうが良いよ~。」 

「齢をとってからだとパワー(気力・体力)が落ちてしんどいよ~。」

言われました。なるほど、その通りです。

thesis3.jpg

ということで、考えを改め、何事にも前向きに取り組んで行こうと思った、今日この頃です!

\(^o^)/




ご訪問ありがとうございます。<(_ _)> ↓1クリック押していただけると励みになります!



ミニカー

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村


ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
最新記事
プロフィール

クッキー0832

Author:クッキー0832
W.M.C.C 会員です!

W・M・C・C


W.M.C.C ホームページ
W.M.C.C ホームページ

W・M・C・C公式ホームページです

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

最新トラックバック

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム

QRコード

QRコード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。