捨てないで~コレクション整理~

結構な数になったミニカーを嫁に、「整理しないと捨てるよ~」 と言われ、自分で何があるか把握する為にブログにUPして 整理していきます。

 
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年03月06日

世界限定100台!

MINICHAMPS 1/43
Mercedes-Benz CLK DTM 2002



CLK-1.jpg


先日、あるクルマ屋に展示してありました。

Mercedes-Benz CLK DTM AMG

C209のCLKがドイツツーリングカー選手権(DTM)に参戦したのを記念して、

クーペ(C209)・カブリオレ(A209)各100台が限定発売された。

5.4L V8 スーパーチャージャーで582ps!

で、これが見学してきた実車。

1202_clk_001.jpg

1202_clk_002.jpg 1202_clk_005.jpg

ミニカーはレースバージョンなので、実車のストリートバージョンとは、

フロント・サイドのエアダム、ミラー、ウイング等が異なります。

CLK-2.jpg

CLK-3.jpg

ショールームには「フェラーリ348コンペティオーネ」や「ランボルギーニ・ウラッコ」

等も展示してありましたが、このCLKの存在感には敵わないみたいです・・・。

CLK-4.jpg

このショップ、とてもセレクトが素晴らしく、

何時行ってもドキッ!とするクルマを見ることができます。

Kさん、また一緒に見学に行きましょう!




ご訪問ありがとうございます。<(_ _)> ↓1クリック押していただけると励みになります!



ミニカー

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村


ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2011年02月06日

都バス・二題

トミカリミテッドヴィンテージ     
日野RB10型バス(東京都交通局)

トミカリミテッドヴィンテージNEO 
いすゞBU04型バス(東京都交通局・緑)


RB1.jpg

TVのニュースを見ていたら、こんな話題が取り上げられていた。

「銀座に都電復活」

なんでも昨今、晴海地区の人口が急増し、都心への交通機関が必要となってきたようです。

晴海から銀座まで約3キロの距離を、晴海通りの上を走らせる計画らしい。

もし実現すれば、約半世紀の時を隔てて都心に路面電車が復活する!

昭和40年代生まれの私は、道路を走る都電は映像の中のものである。

だから今回の話にはノスタルジーというより、むしろ新鮮な印象を持った。

銀座の街を電車が走る・・・いったいどんな風景になるのだろう・・・?

私のノスタルジーはどちらかといえばコレである!

RB2.jpg

昭和43年からの所謂「美濃部カラー」と呼ばれるアイボリーに青帯塗装。

私は54年に引越しをしたので、都バスといえばこのカラーなのである。

(次の黄色に赤帯塗装が登場したのが55年)

RB3.jpg


黄/赤の通称「鈴木カラー」は不評で、わずか2年で現在のグリーン塗装(57年~)に変わる。


BU1.jpg

このカラーリング、ちょうど日野のスケルトンボディー路線バスの登場と時を同じくして

登場したため、「リベットレスのスマートなバス」のイメージが強いです。

しかしまだまだモノコックボディー全盛だったので、塗り替えられた車両もあったようです。


BU2.jpg


現在はバス(車体)メーカーの統合で、街を走るバスも画一的になってしまいましたが、

当時はメーカー4社×各車体メーカーの組み合わせで、バラエティ豊かでした。


BU3.jpg


私の住む街ではまだ車種の多様性が見られるので、今のうちに記録しておけば、

老後の楽しみ?になるかも・・・。





ご訪問ありがとうございます。<(_ _)> ↓1クリック押していただけると励みになります!



ミニカー

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村


ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

MEBETOYS 1/ 43 Lancia Flavia Berline

flavia1.jpg


先日、ある自動車雑誌に小さな記事を見つけた。

「ランチア・フラヴィア復活!」

3月のジュネーブモーターショーでに登場するらしい。

フィアットと経営統合されたクライスラーの「200C」と呼ばれる新型モデルの兄弟車として。

いよいよ「米国製ランチア」が現実のものとなると、感慨もひとしおです。

元祖?、オリジナル?、のフラヴィアは1960年トリノモータショーで発表され、

翌1961年から1974年まで生産されたミドルクラスのサルーンです。

ランチア初のFWD+水平対向4気筒エンジンで、4輪ディスクブレーキ。

当時としては最も先進的なエンジニアリングで、ランチアの歴史に残る一台。

設計はフィアットの航空機エンジンのトップであった、アントニオ・フェッシア。

フィアット500の開発に当たって、かのダンテ・ジアコーサを抜擢した人物でもあります。

flavia2.jpg


こんなとても意欲的なクルマですが、とても地味・・・、そしてとてもランチアらしい!

かの地では「ローレル」とか「マークⅡ」(70年代の・・・)的な存在だったのでしょうか。

いずれにせよ14年の長きに渡って生産された事実がその優秀性の証でしょう。

flavia3.jpg


このメーベトーイズのフラヴィアはかなり昔から我家にあるもので、

いつごろからあるものか記憶にありません。

子供のころから所持していたミニカーはことごとく破損され、中高生時代に処分してしまった。

成人してまたミニカー収集を始めた時、すごく後悔した。

しかし奇跡的に手元に残ったものも数台ある。これはその一つ。

flavia4.jpg


SOLIDOのフラミニア・クーペもありましたが、ランチア乗りの仲間に請われて嫁入りしました。

だけどフラヴィアにはお声が掛からず、今でも我家にいます。やっぱり地味だから?



ご訪問ありがとうございます。<(_ _)> ↓1クリック押していただけると励みになります!



ミニカー

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村


ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

AUTO PILEN 1/43 
OLDSMOBILE TORONADO



t1.jpg


偶然見付けて購入した、古い初代オールズモビル・トロネード。

メーカーは、「オート・ピレン」。MADE IN SPAIN です。

この時代(1960年代)の欧州製ミニカーと言えば、コーギーかディンキー、

あるいはソリドしか思い浮かばず、オート・ピレンはこのミニカーを手にするまで

存在を知りませんでした・・・。


t2.jpg


初代トロネード(1966-1970)はアメリカ車としては戦後初の量産FF車。

GMはこの後、キャデラック・エルドラド、ビュイック・リヴィエラと

2ドアのスペシャルティクーペを次々とFF化していきました。

ということで、V8・FFフルサイズの元祖と言えるでしょう。


t3.jpg


このミニカーは、フロアシフト+セパレートシート仕様ですが、実際は

FFの利点を生かした、コラムシフト+ベンチシート仕様がよく売れたそうです・・。


t5.jpg


ミニカーとしては中々味のあるモデルで、もっとこのメーカー欲しくなってきました。

でもトロネードって全長5m以上、全幅2m近くあったと思うけど・・・、

ほんとに1/43か?と思うくらい、なんか小さいんですよね~・・・。


ご訪問ありがとうございます。<(_ _)> ↓1クリック押していただけると励みになります!

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村



MINICHAMPS 1/43 Aston Martin Lagonda


L1.jpg


「いつか出ないかな~」と期待していた「2代目ラゴンダ」!

今年発表された、久々の4Drアストン「ラピード」の前モデルです。

「ラゴンダ」という名前は戦前に存在したメーカーの名前で、

戦後アストンマーティンのオーナーであった「デビッド・ブラウン」が買収、

事実上アストンに吸収されたのです。

以降、アストンマーティンのセダンには「ラゴンダ」の名前が冠せられるようです。


L2.jpg


ところで、このラゴンダは2代目なのですが、実際は3代目とも言えます・・・。

初代ラゴンダ登場の前1960年頃に、「ラゴンダ・ラパイド」というモデルが存在しました。

私も実車を見たことはありませんが、つり目のヘッドライトのなかなか味のあるデザインで、

どこか初代マセラティ・クワトロポルテと同じ雰囲気があります。

ちなみに、ラパイド=ラピードなんです。

初代ラゴンダは1974年にDBSをストレッチして4ドア化したモデルで、

確か10台も生産されなかったのではないでしょうか・・・?

そして1976年(デリバリーは78年)に2代目ラゴンダの登場となります。


L3.jpg


このミニカーは1982年モデル、リトラクタブルヘッドライトの仕様です。

というのも、1987年モデルからは通常のヘッドライトに変更されてしまったのです。

その後、1990年までに約600台程が生産されました。

このクルマが登場した頃はスーパーカーブーム真っ只中!

当時小学生であった私も、「すげー車だなー!」「見てみたいなー・・・」

と思いましたが、フェラーリより見かけることが困難なクルマでした・・・。

(今でも一緒か???・・・)


L4.jpg


ここ数年、クアトロポルテⅤの登場を皮切りに、ポルシェ・パナメーラ、

そしてアストンマーティン・ラピードと、4ドアの豪華GTカーが続々登場(復活?)しています!

豪華すぎて、愛車にするにはなかなかハードルが高いですが・・・、

このジャンルのクルマは大好きなので、他のメーカーにも力を入れて欲しいです。

なにより、クルマ業界の活気付けになりますから!


ご訪問ありがとうございます。<(_ _)> 
↓1クリック押していただけると励みになります!

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村




最新記事
プロフィール

Author:クッキー0832
W.M.C.C 会員です!

W・M・C・C


W.M.C.C ホームページ
W.M.C.C ホームページ

W・M・C・C公式ホームページです

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

最新トラックバック

リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム

QRコード

QRコード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。